ベビーシッターを母子家庭が選ぶポイント|いい保育者を見極めるために

シングルマザーだとどうしても仕事で忙しくなりがち。しっかり子育てしようにも仕事終わりだと体力的にも精神的にもキツイ・・・と悩む方もいますよね。

そこでベビーシッターを雇うこと考える人も多いと思います。

しかし近年はベビーシッターとのトラブル報道もあったりと、正直不安な点もありますよね。

そこで今回は、ベビーシッターを選ぶ際のポイントについてまとめてみました。

◎ベビーシッターとの相性が大事!選ぶ際のポイントは?

ベビーシッターとは、保育者が自宅まで来て子供の面倒を見てくれるサービスのことをいいます。

シングルマザーで普段仕事が忙しいけど、身近に子育てで頼れる親戚や友人、知人がいないという方にはとくに助かりますよね。

ただベビーシッターはマンツーマンなため、シッターさんとの相性が最も重要です。

頼れる人に当たれば大変心強いです。シッターさん選びは最初が肝心といえます。

まず選ぶ際のポイントとしては、大きく分けて3つです。

  1. 社団法人全国ベビーシッター協会に所属している会社かどうか
  2. シッターさんの保育経験歴はどのくらいか
  3. 予約が埋まりやすい方かどうか

○社団法人全国ベビーシッター協会に所属している会社かどうか

まずはじめに大事なことは、「社団法人全国ベビーシッター協会」に所属している会社かどうかです。

それにプラス責任賠償保険に加入しているか、保育レポートをしっかり取ってくれているかどうかという点も重要です。

決して疑いから入るとかそういったことではないのですが、もしものことに備え、こういった保険などの面のチェックは大事なのです。

○シッターさんの保育経験歴はどのくらいか

やはりひとつの目安として、担当シッターさんの今までの経歴を知っておくことも大切です。

決して経験が浅いからどうこうというわけではないのですが、経験が豊富であると安心感が持てますよね。

ただシッターさんと年齢が近い方が相性がいいという場合もありますので、一概に経歴だけを見て判断をしましょうとは言えません。

あくまで知っておくべき情報ということです。

○予約が埋まりやすい方かどうか

最後に、予約が埋まりやすい方かどうかというところも選ぶ際の重要なポイントです。

多くの方から信頼を得ている方に見てもらうと、やはり安心できますよね。

ベビーシッター会社はほとんどのところで予約制です。

指名もできるところがほとんどですが、やはりいいシッターさんほど予約も埋まりやすいです。

なのでもし可能であれば、いくつかのベビーシッター会社に登録をし、それぞれで相性のいいと感じたシッターさんを何人か確保しておくといいでしょう。

◎いいシッターさんを見極めて料金に合ったお世話をしてもらいましょう

ここまでいいシッターさんを選ぶ際のポイントについて紹介しました。

しかし相性のいいシッターさんに出会えるのは人によっては時間がかかるかもしれません。

ですがだからといって、人選びは妥協しない方が絶対いいです。

ベビーシッターを雇うのは、交通費別途で1時間に1,500円~2,000円ほどになるので、決して安いとは言えません。

高い料金を支払うからには、いいシッターさんにお世話してもらいたいですよね。

信頼できるシッターさんを早く探して、自分にとっても子どもにとっても過ごしやすい環境にしていくことが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする