シングルマザーが派遣社員になる|希望に沿った働き方がしやすい仕事

様々な職種で働くことができる「派遣社員」

自分の希望に沿った働き方が可能なため、シングルマザーの方にとっても働きやすい職種の一つです。

また働き先も多種多様なため、働きながら様々なスキルを身に付けることができるのも魅力といえます。

今回はシングルマザーの方に向けた、派遣社員の仕事のメリット・デメリットについてもお伝えします。

◎働き方を自分で選択!培ったキャリアを武器に希望の会社と契約が可能

派遣社員は、個々で培ってきた経験や技能を希望条件に沿って登録することができ、自分に合わせた仕事を選択することができます。

最低3ヶ月~6ヶ月の期限付きで働くことが多く、会社を渡り歩きながらキャリアを積んでいきます。

派遣社員といっても、正社員のサポートをするお仕事から、正社員並みの仕事量や責任のある仕事を任されることもあります。

その仕事内容は、派遣先の会社によって様々です。

その仕事内容や出来次第によって時給も変わってくるので、決して給与が安定した職とは言えません

また派遣先によって待遇や勤務時間、休日も違うので、その点には注意しておく必要があります。

◎正社員になれない可能性大!仕事がない期間もあったりと不安定なお仕事

派遣社員はあくまで派遣なので、いくら仕事を頑張ったとしても、正社員への昇給などはほとんどありません。

むしろ会社の業績が厳しくなればまっ先にリストラの対象となります。

さらにひとつの契約が終了してから次の仕事が来るまで間が空いてしまうこともあり、やはり収入面では不安定といえます。

そのためシングルマザーの方にとっては少し厳しく感じることもあると思います。

いずれ正社員になりたい方、生活を安定させたい方にとっては少々不向きといえるでしょう。

◎人間関係をさほど気にする必要なし!ただ職場に適応する能力は必須!

派遣社員は先ほども言ったように会社を渡り歩くため、たとえ嫌いな上司がいても、「期限がきたらもう関わることはない」と思うと気持ちに余裕を持つことができます。

人間関係のしがらみをあまり気にする必要がないという面では、気楽に仕事に取り組むことができます。

ただ派遣先によって仕事内容は変わるので、そのつど臨機応変に職場に適した能力を発揮しなければなりません。

最初のうちは苦労することもあるかもしれませんが、コツさえつかめば働きやすい環境にもなり得ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする