シングルマザーが保険営業になる|年齢制限高め!成約がそのまま給与に

頑張れば頑張るほど収入アップ。

こういった仕事にやりがいを感じる方も多いのではないでしょうか?

とくに成約がそのまま給与に反映される「保険営業」は、生命保険や損害保険のライセンスを取得すれば就くことができます。

中途採用の募集も多く、簡単な筆記試験と面接をクリアすれば採用されることが多いです。

年齢制限も比較的高めなので、シングルマザーの方にとっても入りやすい職の一つといえます。

今回はシングルマザーの方に向けた、保険営業の仕事の魅力やデメリットについてもお伝えします。

◎保険営業に必要な知識は多い!日頃から真面目に取り組むことが大事

保険営業は、生命保険や損害保険など様々な種類の保険を扱います。

そのため保険に関わるすべての商品を取り扱うエキスパートのような職といえます。

近年では、生命保険の知識に加えて個人の生活設計をトータルサポートする「ファイナンシャル・プランナー(FP)」の資格も求められていたりと、幅広い知識を蓄えておかなくてはなりません。

保険営業という職は、さきほども説明したように、資格やライセンスを取得していれば就きやすい職業ですが、その分研修や資格取得に定期的にトライしていかなければなりませんので、決して楽な仕事ではありません。

しかしその分給与は女性の職としては高額で、年齢制限も比較的高めなので、シングルマザーの方でも目指しやすい仕事といえます。

研修中の話をしっかり聞いておいたり、普段から真面目に仕事に取り組んでいって、家に帰っても勉強にさく時間をなるべく取られないように工夫することも大事です。

◎失敗を引きずらないのがコツ!ノルマの重圧に負けない精神力は必須

保険営業は、勤め先によってはノルマが課せられる所もあります。

順調に成約できればいいのですが、なかなかうまくいかない時もあると思います。

周りが成約していく中、自分だけなかなか結果が出なければ焦りますよね。

そういった時でもプレッシャーを跳ね除けるほどの強い精神力を持つことが大事です。

シングルマザーの方は、これまで様々な苦境を乗り越えてきたと思うので、そういった意味でも向いている職業といえます。

人と関わる仕事なため、うまくいかない時や失敗することもあるとは思いますが、失敗を引きずらず前に進んでいくことがうまく仕事と付き合っていくコツです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする