母子家庭の生活の安定を支えるための児童扶養手当とは?

「児童扶養手当」というものをご存じでしょうか?

これは、母子家庭の生活の安定を支えるため、児童の福祉の増進を図ることを目的とした国の制度です。

もしこの手当の条件に該当するのであれば、給付が受けられるかもしれません。

今回はこの「児童扶養手当」について詳しく紹介していきます。

◎児童扶養手当について知る|生活の安定を図るための制度の活用を

児童扶養手当とは、両親が離婚した家庭や、父親が死亡し母親が子育てを行っている家庭、父親が重度の障害を持っている家庭などに支給される手当です。

子供が18歳になって最初の3月31日まで児童を扶養している家庭に支給されるのですが、所得制限がありますので注意してください。

○申請方法

申請するためには、各市区町村に認定請求に必要な書類を提出し、受給の資格認定を受ける必要があります。

しかし手当を受けるには、いくつかの項目のいずれかに該当していなければなりません。

△手当を受けられる人

次の項目のいずれかに該当している児童を養育している母親、または母に代わって児童を養育している方です。

  1. 父母が婚姻を解消した児童
  2. 父が死亡した児童
  3. 父が重度の障害を持っている児童(年金の障害等級一級程度)
  4. 父の生死が明らかでない児童
  5. 父から一年以上遺棄されている児童
  6. 父が法令により引き続き一年以上拘禁されている児童
  7. 婚姻によらないで懐胎した児童
  8. 母が児童を懐胎した事情が不明である児童

△手当を受けられない人

次の項目のいずれかに該当している場合は、手当が支給されません。

  1. 母が婚姻の届出はしていなくとも事実上の婚姻関係(内縁関係など)がある場合
  2. 母または養育者の住所が日本国内にない場合
  3. 対象となる児童の住所が日本国内にない場合
  4. 対象の児童が里親に委託されたり、児童福祉施設(母子生活支援施設、保育所、通園施設を除く)や少年院などに入所している場合
  5. 国民年金(老齢福祉年金は除く)、厚生年金恩給などの公的年金を受けることができる場合
  6. 手当を受けられる要件に該当してからすでに5年以上が経過している場合
  7. 定められた額以上の所得がある場合

所得制限等については、事前にしっかりと確認しておくことをオススメします。電話での問い合わせも可能ですよ。

○支給方法

手当の支給は4月、8月、12月で、それぞれ毎月分までがまとめて支払われるようになっています。

申請した口座に自動的に振り込みがされるようになっています。

△必要な書類

申請に必要な書類は以下の8つです。

  • 住民票(世帯全員のもので続柄、本籍記載があるもの)
  • 外国人の場合は外国人登録原票記載事項証明書
  • 戸籍謄本(請求者と対象児童のもの)
  • 印鑑
  • 年金手帳(厚生年金で手元に手帳がない場合は、資格取得年月日よ基礎年金番号を控えておく)
  • 貯金通帳(養育者名義のもの。ただしゆうちょ銀行は除く)
  • 前年度所得証明書または非課税証明書
  • その他事実を明らかにする書類

○現況届の提出も忘れずに

手当を受けている方は、引き続き受給する資格があるかどうかを確認するため、毎年8月1日における状況を記載した「現況届」の提出が必要となってきます。

ただし郵送での受付がされないため、仕事を休むか早退するかしなければならず、働くシングルマザーにとっては少々負担になってしまいます。

しかし近年はその点が見直され、土曜日や時間外に受付窓口を設ける配慮がされている自治体もありますので、事前に確認しておくとスムーズです。

◎児童扶養手当の算出方法を教えて!

児童扶養手当は、所得に応じて全部支給と一部支給があります。

全部支給の場合は月額42,290円(平成29年度)ですが、一部支給については算定式により計算がされます。

手当額の算出方法は以下の通りになります。

手当額=42,280-(所得-全部支給申請の所得制限限度額)×0.0186705

この計算は、扶養親族が一人であった場合です。

扶養親族が2人、3人になるにつれて、さきほどの算定式に加算額をプラスしていきます。

例えば平成29年度以降の2人目、3人目の場合は以下のような算定式になります。

  • 2人目加算額=9,980-(所得-該当する限度額)×0028786
  • 3人目加算額=5,980-(所得-該当する限度額)×0017225

なお計算によって出た答えは10円未満は四捨五入し、10円刻みで計算していくものとします。

※児童扶養手当法上の所得額

(給与所得控除後の金額+養育費の8割)-社会保険料マイナスその他の控除

※児童扶養手当は人生した時期によって審査対象となる所得が分かってきます。1月~7月に申請を行った場合は、前々年度、8月~12月に申請した場合は前年度の所得が対象となるので注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする