シングルマザーが実家に住む方法。親族と協力しながら生活したい方へ

シングルマザーの方が離婚後実家に住む際に、大事な点をいくつか紹介していきます。

実の親といっても、一度は嫁いだ身。

一社会人として、そして母親としても、住ませてもらうからにはある程度の生活ルールを決めておくべきかと思います。

今回は、シングルマザーの方が実家に住むための方法についてまとめました。

◎頼りになるのはやっぱり両親!円満に生活していくために大事なこと

離婚後、真っ先に行くところといえば「実家」という方も多いと思います。

子供のことも考えて、同居が可能であれば実行に移さない理由はないですよね。

実家で一緒に住めば、子育ても協力しながら行えますし安心できますよね。

なにより家賃代がかからないということも大きいと思います。

保育所に預けることすら難しくなっている時代ですから、一番信頼できる両親に、しかも無料で見てもらえるというのはありがたいですよね。

仕事も手につきやすくなりますし、経済的にも精神的にも安心感はあるかと思います。

しかし実の両親といっても、出戻りであることには変わりありません。

もちろん快く受け入れてくれる親御さんもたくさんいるとは思いますが、子育てなどがきっかけで喧嘩になんかになってしまったら大変です。

今後も円満に暮らしていくためには、しっかりとした生活ルールを事前に決めておくことが大切です。

たとえば以下のような項目です。

  • ご飯はどうするのか
  • 子育てはいつ誰がどのように行うのか
  • 仕事はどういった感じになるのか
  • 実家に入れるお金は月々いくらなのか

家庭によってルールは様々だと思いますが、主に決めていくべき項目を挙げてみました。

こういったことは事前に決めておくと、後々トラブルにもなりません。

細かすぎず、大まかに決めておくのがポイントです。

共同生活なんですから、お互い譲れるところは譲り合っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする