母子家庭等就業自立支援センターとは|子育て中の就活を応援するために

シングルマザーの方は、それぞれの家庭の状況などによって就職先を考えていかなくてはなりませんよね。

しかしそうは言ってもなかなか自分に合った職を探していくのは大変ですよね。

小さい子供がいたらなおさらです。

しかしそんなシングルマザーの方の手助けになる施設があるんです。

それは「母子家庭等就業自立支援センター」という施設で、雇用関係や生活などの自立支援を図るために厚生労働省が展開しているところです。

こういった公共支援施設を積極的に利用していくことで、今ある環境がより過ごしやすくなるかもしれません。

今回は就職に困っているシングルマザーの方に向けた、母子家庭等就業自立支援センター

の情報を紹介していきます。

◎シンママの助っ人!母子家庭等就業自立支援センターってどんなところ?

この母子家庭等就業自立支援センターは、個々の家庭環境や職業の適性、就業経験などに応じてそれぞれの家庭に合った適切な助言をしてくれたり、相談にのってくれたりする施設です。

また就業支援講習なども行うなど、就職に関するサービスは充実しています。

具体的に母子家庭等就業自立支援センター事業を詳しく見ていきますね。

主な取り組みは以下の3つです。

  1. 就職相談
  2. 就職支援講習
  3. 就職情報の提供

○就職相談

シングルマザーの方の働き方や就職先などを、専門の相談員がアドバイスしてくれます。

○就職支援講習

就職に有利な資格や技能(パソコン講習・就労支援セミナーなど)を身につけるための講習会を定期的に開催しています。

また授業に集中できるよう、託児サービスも備わっているので、安心して受講することが可能です。

○就職情報の提供

就職希望の条件を就業支援バンクに登録すると、ハローワークや福祉人材センターなどと連携して、個々の適性に応じた就職情報を提供してくれます。

また雇用促進の活動もおこなっています。

◎シンママの就職はかなり手強い。情報収集が今後の大事なカギに

シングルマザーの方は、早めに就職先を決めて早く安定したいですよね。

しかし就職活動は決して簡単なものではありません。

子育てをしながらだとより大変です。

そこでシングルマザーの方にはぜひ、母子家庭等就業自立支援センターを利用してみて、自分に合った就職先を見つけていってほしいです。

専門の方のアドバイスほど、為になる話はないと思います。

相談することで自分にピッタリな仕事が見つかるかもしれません。

こういった公共支援は積極的に利用していくことをお勧めします。