母子家庭準認可園(無認可保育所)のススメ|認可外園を選ぶ前に検討を

母子家庭の子供は優先的に入園できるとはいえ、定員オーバーで認可保育所に入れない場合もあります。そうなると次に認可外保育所を考えるという方も多いと思います。

ですがぜひその前に検討してもらいたいのがあります。

それは「準認可園」です。

準認可園ってどんな保育所なの?という方のために今回詳しく紹介していきます。

◎認可保育所に落ちても望みはある!認可外園を選ぶ前に準認可園の検討を

準認可園とは、国の基準は満たしていないけど、各自治体が設けた基準はクリアしている無認可の保育園のことをいいます。

自治体の助成を受けて運営しているので、他の認可外園より保育料が安いというメリットがあります。

認可保育所に残念ながら入れなかった場合、認可外保育所に入れることになるかと思いますが、その前に「準認可園」の検討をしてみることをお勧めします。

準認可園は、園内に庭が無かったり、園舎が狭かったりなど、認可保育所に比べ劣ってしまうところは多少ありますが、各自治体の定める基準はクリアしているので、とくに大きな問題はないです。

園内に庭が無くても、近くの公園に散歩がてら遊びに行ったりすることもできますからね。

また自治体の助成を受けているため、他の認可外園より保育料が安く、さらに園に対する不満や相談、苦情なども自治体の窓口にもっていきやすいといったところも魅力の一つといえます。

準認可園は待機児童の多い0歳~2歳の子供を預かってくれたり、長時間保育も対応しているので、仕事で忙しいシングルマザーの方には預けやすい環境でもあります。

◎入園申込みは直接園へ!見学のポイントを抑えて相性のいい園の選択を

準認可園への申込みは直接園に行っておこないます。

どんな準認可園があるのかなどは、自治体の窓口に行けば教えてもらえます。

準認可園は認可保育所に比べ、保育内容や保育料、システム、環境など園ごとに差がありがちです。

入園申込み前にできるだけいろんな園を見学しておくといいでしょう。

また仕事の都合などで迎えが遅くなっても融通がききやすいかどうか、シングルマザーにとって助かるサービスがあるのかどうかについても事前にしっかり確認しておくことが大事です。

見学で譲れないポイントをしっかり抑えて相性のいい保育園を見つけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする