シングルマザーが看護師になる|就職率100%!高収入で安定した生活を

シングルマザーの方ってどうしてもお金が必要になってきますよね。

とくに女性が活躍できる、給料が比較的良い職業として挙げられるのは「看護師」です。

今回はシングルマザーの方に向けた、看護師の仕事の魅力やシングルマザーならではのデメリットについてもお伝えします。

◎資格取得で就職率は100%。看護師になるための道のりは?

看護師になるためには、高校卒業後、看護学校や看護短期大学で3年間、または看護系大学で4年間修業した後、国家試験に合格することで初めて看護師の資格が取得できます。

勉強にかかる時間は少なくとも3年、学費は200万~多くて700万。(学校によって差があります)

資格を取得するにはかなりの努力とお金が必要になってきます。

ただ看護師は常に不足しているため就職率はほぼ100%

年齢に関係なく長く働くことができ、給料も高く安定しているため、シングルマザーにとっては安心できる安定した職業といえます。

◎看護師は体力勝負!強い精神力も必要なハードなお仕事

しかし看護師という仕事は、勤め先によっては夜勤があったり、朝が早かったり、休みもバラバラだったりと、正直かなりハードです。

看護師は専門知識以外にも、強い精神力や体力も必要となってくるのです。

またそれと同時に必要なのが、「人間関係を築く力」です。

看護師は心や体が弱っている方と接するお仕事なので、人を思いやる気持ちを持って接することが必要とされます。

そういった面では、人の痛みがわかるシングルマザーの方には向いているのかもしれませんね。

◎自分の環境に合わせた病院を選べば働きやすい職業間違いなし

シングルマザーの方は、子供のことを第一に考えて仕事を選ばなければなりません。

看護師という職業は、給料は安定していますが、希望した日に休暇が取れないことも多々あります

そのため子供の学校行事や、子供が病気をした時に休むことができないこともあります。

また夜勤のある職場だと、その間誰かに子供を見ていてもらわなくてはなりません。

よってすべてのシングルマザーに向いた職と断言することは難しいのです。

ただ勤め先の工夫次第では、働きやすい環境にもなり得ます。

例えば夜勤のない病院に勤めたり、近くに保育園のある病院を選んだりなど、その時その時で、子供の成長に合わせた勤め先を選択するのです。

そうすることで、子供にとっても自分にとっても過ごしやすい環境になります。

自分の環境に合わせた病院選びをしていけば、シングルマザーの方にとってとても働きやすい職業になれる可能性は高いといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする