シングルマザーが婚姻中に住んでいた持ち家に住む方法

シングルマザーの方が、婚姻中に住んでいた持ち家に住むことってできるのでしょうか?

実は住んでいた家の名義人によって、その手続きは変わってくるのです。

今回は離婚後の住まいについて詳しく解説していきます。

◎婚姻中の家に住むための手続きはややこしい?専門家に必ず相談を

婚姻中に住んでいた持ち家に住むためには、まず家の名義が夫なのか、妻なのかによって手続きが変わってきます。

住んでいた家が妻、もしくは妻の両親や親族であれば、名義変更をする必要はありません。

しかし夫や夫の親族の持ち家の場合、離婚時の財産分与として処理し、不動産の所有名義の変更を行わなくてはなりません。

○財産分与の際は複雑な手続きが必要!思わぬ税金がかかってしまうことも

もし妻が家を貰う際、不動産取得税贈与税がかかってしまうことがあります。

その金額はそのときの不動産評価額によって変動します。

また反対に家を渡した夫は、不動産譲渡税がかかることも。

さらに登記を書き換える際は、登録免許税やその年に払うべき固定資産税が別途かかります。

多くの税金がかかってしまうことに驚きですが、これだけの複雑な手続きを行わなければ、婚姻中の持ち家に住むことは難しいのです。

ちなみにこれまでの説明は、単独名義でローンがない物件の場合の話です。

もし持ち家が共有名義で、物件にローンがついていると、手続きはこれ以上に複雑となり、とても素人には扱えない内容となる可能性が高いです。

素人が手続きを行った場合、後にトラブルになることも考えれるので、こういった手続きは必ず専門家に相談しましょう。

◎司法書士や税理士に任せるのが賢明。今後トラブルにならないために

複雑な手続きを独自にやって後にトラブルになってしまうよりも、お金は多少かかってしまいますが、司法書士や税理士の方にお任せするのが賢明です。

場合によっては、特例が適応される場合もあったりと、専門家ならではの有効なアドバイスもあります。

今後トラブルに発展しないためにも、専門家の方に頼っていく方が安心して手続きを行うことができますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする