母子家庭は認可保育所に優先的に入園?|仕事と育児を両立するために

シングルマザーになったらまず考えるのが子供の預け先ですよね。

新しい住まいや職場が決まったとしても、近年は待機児童が多く、保育所に入れるのか不安だという方も多いと思います。

しかしひとり親だった場合、認可保育所に優先的に入園することができるんです。

今回はシングルマザーの方に向けた、保育所を利用する際の方法や注意点を紹介していきます。

◎ひとり親家庭は許可保育所に優先的に入園可能!安心して子育てを

シングルマザーになったら、まず家の確保や新しい職場を決めていかなくてはなりません。

それに伴って、子供の預け先をどうするか、悩ましいところですよね。

しかし認可保育所であれば、母子家庭の子を優先的に入園させることが可能なんです。

認可保育所とは、各自治体が運営している福祉施設で、仕事や病気等で家庭で保育することができない子供を預かったり、教育の場としても設けられていたりと、母子家庭のみならず多くのご家庭が利用されています。

施設の規模や保育士さんの数など、国がつくった一定の基準を満たしていることから、預ける側としても安心感があり、人気があります。

そのため待機児童の数も多いのですが、ひとり親家庭の場合は優先的に入園することが可能です。

しかし待機児童のとくに多い0歳~2歳児の場合や、自分の代わりに子育てをしてくれる人(祖父母など)と同居している場合は、優先的に入園できない場合もあるので注意してください。

◎入園までの流れ|相性のいい保育所に出会うために

入園の申請については、1年を通して自治体の方で随時受け付けています。

しかし保育所といっても、お子さんに合う環境なのかどうか、自分の目で確認してみる必要があると思います。

離婚が決まり、住まいも確定したら、さっそく役所の窓口へ行きましょう。

入園までの主な流れは以下の通りです。

  1. 保育所の情報収集・申請書の入手
  2. 保育所見学
  3. 申請手続き
  4. 選考
  5. 入園内定・面接・健康診断
  6. 入園

それぞれを詳しく見ていきます。

○保育所の情報収集・申請書の入手

まずは保育所の情報収集を行いましょう。

役所では保育所案内などの情報も多くあります。分からないことはすぐに職員の方にも聞けますので、そこである程度入園までの流れを把握しておきましょう。

また同時に申請書も入手しておきましょう。

○保育所見学

入園を希望する保育所をいくつかリストアップしておきましょう。

そこから直接電話で見学を申し込んでいきます。

ほとんどの保育所で見学を快く引き受けてくれますよ。

見学する際は施設内はもちろんですが、保育士さんの様子や子供たちの様子もしっかり観察しておくことが重要です。

また見学しながら疑問点や不安なところなどをメモし、見学後に相談してみましょう。

○申請手続き

申請は1年中受け付けてはいますが、進級や卒園のある3~4月が最も入園しやすい時期です。

申請する際は、第3希望まで受け付けてくれるので、確実に記入し手続きを行ってください。

○選考

各自治体が設けた選考基準によって入園の検討が行われます。

パートタイムよりフルタイム、自宅療養より入院中が優先されたりと、一般的な優先順位もありますが、ひとり家庭であるということも優先される理由の一つです。

○入園内定・面接・健康診断

選考された後入園が内定されると、次は親の面接と子供の健康診断が行われます。

この時に、申請書に記入した勤務状況なども確認されます。

事実と異なった記載をした場合は、入園の取り消しの可能性にも繋がるので、十分に注意してください。

○入園

晴れて入園は決まったものの、最初のうちは子供が慣れてくれるか心配ですよね。

その場合、はじめのうちは午前中だけにしたり、徐々に保育時間を延ばしていったりする「慣らし保育」が行われることもあります。

どうしてもすぐにフルタイムで働かなくてはならない場合は、保育所に相談しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする