シングルマザーが社会保険労務士になる|難関の試験合格で就職に有利に

「社会保険労務士」、あまり聞きなじみのない方も多いと思いますが、社会的ニーズの高く将来性がかなり期待できる職業なんです。

国家資格が必要なため、決して簡単になれる職業ではありませんが、資格さえ取得してしまえば待遇の優遇が期待できる専門職です。

今回はシングルマザーの方にお勧めしたい職の一つとして紹介していきます。

◎就職や転職に強い!難関の資格を取得すれば道が開けるのは確実

社会保険労務士とは、給与や社会保険料の算出、会社の賃金体系や労務と人事に関わる悩みをサポートする専門家のことです。

近年は、幅広い年齢層の雇用やパート、契約社員などの増加で需要は高まっており、シングルマザーだけでなくとも魅力的な職業のひとつといえます。

ただし国家資格を要するので、この職に就くにはかなり難関。

21年度の国家試験の合格率はたったの7.6%、合格者の中には5年かけてやっと取得できたという人もいるのが現状です。

しかしこれだけ難しい試験に合格した分、就職や転職にはかなり強く、給与も比較的高額が期待できます。

資格取得後に各都道府県の社会保険労務士会に登録すれば、個人で事務所を立ち上げることも可能です。

自分の生活スタイルに合わせて、企業に勤めることもできれば、開業することもできたりと、様々な働き方ができるのは最大のメリットといえるでしょう。

◎長く安定して働ける仕事に就くために。育児の合間を縫ってうまく勉強を

シングルマザーの方は、出来るだけ安定した職場に長く勤めたいですよね。

この社会保険労務士の資格を取得すれば、確実に将来の道が開けていきます。

しかしその資格を取るにはかなりの勉強量が必要になってきます。

育児をしながら勉強していくのはかなりハードになってくるでしょう。

専門学校に通うとなればなおさらです。

しかし社会保険労務士は、多くの企業から必要とされる存在でもあります。

シングルマザーでも活躍しやすい環境といえるでしょう。

資格の取得にはかなりの労力を使いますが、将来を見据えて早いうちから勉強を始めておくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする